空家解体

HOME > 空家解体

空家は近年大きな社会的問題となっているのをご存知でしょうか。
建物の管理が行き届かず、倒壊の危険性があったり、ゴミ捨て場のようになってしまい、防災面、防犯面、衛生面で地域住民の生活環境への深刻な影響を与えています。
所有者が明確でないような空き家がありますので、自治体も対応に苦慮しています。

国土交通省は、2015年2月26日から一部施行されていた「空家等対策の推進に関する特別措置法」(平成26年法律第127号)が5月26日より全面施行されたことに伴い、適切な運用を図るためのガイドラインが発表されました。

景観・治安の悪化防止に

景観の悪化につながる空家建物が老朽化し、雑草が高く伸びた空家は景観上良くありません。
景観が良くないばかりか、空家は不法投棄が黙認されてしまっている悲惨な状況があります。
空家ならごみを捨てても良いと判断され、さらなる不法投棄が行われてしまい、最悪のケースとしてゴミ屋敷になってしまっているところもあります。
治安の悪化で言えば、ある地域内で管理されていない空家が目立つ場合、そこが「管理されていない地域」だという印象を住民や訪問者に与えます。これでは地域イメージを大きく損う原因となってしまうのです。

不審者や動物侵入防止に

不審者の出入りの可能性がある空家長期間放置された空き家には、不審者が侵入し寝泊りしているケースもあります。
人の気配が感じられない家や庭が全く管理されていない雑草が伸びきっているような家は特に狙われやすいのです。
たとえ玄関のドアや窓がしっかり施錠されていたとしても、窓や壁を破壊して侵入するケースも見受けられます。
人間だけではなく、ハクビシンなどの野生動物が住み着くことも多く、建屋内を荒らしてしまったり、糞や野生動物の死骸が見受けられることもあります。
そうなってしまった場合はその後の建屋としては利用するのが非常に厳しくなってしまいます。

家財道具が放置されている空家空家問題としてあがっている空家は、家の中にある家具、家電、衣類、仏壇など、家財道具がそのままになっている場合もあります。
なかには動物の糞や動物の死骸もあり、害虫が発生しているところも少なくありません。
家財道具がそのままの場合でも当社でまとめてお引き受けいたします。
当社では、各地域の様々な事情を抱えた空家を解体してまいりました。ご相談からでもお気軽にどうぞ。

解体工事に関するご相談はこちら TEL:03-5876-5773