解体の流れ

HOME > 解体の流れ

1.お問い合わせ

お客様より解体工事のお問い合わせをいただきます。
解体工事を行う現場の住所・建物の構造・面積(坪数)をお聞かせください。
現地調査に伺うお客様のご希望日時をお聞かせください。

まずはお気軽にご希望をお伝えください。03-5876-5773受付時間:10:00〜19:00 メールでのお問い合わせ
2.現地調査・打ち合わせ

お客様と日程を調整し、現地にお伺いします。
現地調査では、解体する建物の数量、構造や周囲の状況、解体の対象範囲を確認します。
その後、機材搬入経路を考え、道路幅などを調査します。
その他、電気・水道・ガス・電気などのライフラインや不用品処分についてもお聞きします。

3.お見積り書の提出・解体工事請負契約

解体工事にかかる費用・解体工事までの流れをご説明いたします。
お見積り書のご確認の上問題ないようでしたらご契約とさせていただきます。

4.リサイクル法に基づく届け出

建築リサイクル法とは、解体工事により発生した産業廃棄物の適正処理と、分別リサイクルの促進を目的として定められた法律のことです。
※解体工事に伴う各種提出書類の作成、届け出は当社が代行いたします。

5.近隣のご挨拶

当社のスタッフが、解体工事前に近隣にご挨拶に伺います。
作業時間・施工内容・工期などを報告し了解を得ることで、環境の確保に努めます。

6.不用品の処分・搬出、ライフラインの手配

粗大ゴミなどの処分、事情があり片付けに行けない方はご相談ください。
ライフライン(電気・ガス・電話・水道など)の撤去作業はご相談いただければ当社が代行することも可能です。

7.解体工事 着工

埃や塵が舞い散らないように、放水しながら解体工事を進めます。
作業中は、騒音・振動など最小限にとどめるよう配慮いたします。
リサイクル処分が可能なものは手作業で分別・撤去します。

8.産業廃棄物の搬出・マニュフェストの発行

解体工事により排出された産業廃棄物を処理品目に応じ品目別に分別し、中間処理・最終処分施設へ搬出します。

9.解体工事 完了

お客様に現地で立合いをしていただき最終確認となります。

10.建物滅失証明書の発行

法務局の登記簿上から、その建物が存在しなくなったことの登記をしなければなりません。
家屋取り壊し証明書を発行いたしますので、建物滅失登記を行ってください。

解体工事に関するご相談はこちら TEL:03-5876-5773